大切な地球の為にリサイクルについてもっと知りましょう。

自動車リサイクル法

自動車リサイクル法とは?

自動車メーカーを含めて自動車のリサイクルに携わる関係者に適正な役割を担っていただくことによって、使用済自動車の積極的なリサイクル・適正処理を行うものです。

【制度の背景】
もともと、使用済自動車は中古部品や金属回収の観点から価値が高く、国内の自動車解体業者等によって80%程度(重量ベース)がリサイクルされ、残りは主にシュレッダーダストと呼ばれる破砕残さとして埋立処分されてきました。

ところが、近年になって、産業廃棄物の最終処分場の逼迫によるシュレッダーダストの処分費の高騰や、鉄スクラップ価格の低迷により、従来のリサイクル・処理システムがうまく機能しなくなってきました。

費用を支払って使用済自動車を引き取ってもらう逆有償化の現象が生まれ、負担を嫌った業者等による不法投棄が多発し、大きな社会問題となりました。

現在は、鉄スクラップ価格も一時期と比較すると回復していますが、その変動は大きく、いつ市況が悪化し、同様の問題が発生するか分からないため、市況に左右されない安定したリサイクルシステムの構築が求められています。

また、フロン類の回収・破壊や、エアバッグ類の適正処理という新たな環境問題への対応も必要となっています。

自動車リサイクル法律の概要

【関係者の役割分担】
自動車メーカーを含めて自動車のリサイクルに携わる関係者に適正な役割を担っていただくことによって、使用済自動車の積極的なリサイクル・適正処理を行います。

【[1]自動車製造業者、輸入業者(自動車製造業者等)】
自らが製造又は輸入した自動車が使用済となった場合、その自動車から発生するフロン類、エアバッグ類及びシュレッダーダストを引き取り、リサイクル(フロン類については破壊)する。

【[2]引取業者(都道府県知事等の登録制:自動車販売、整備業者等を想定)】
自動車所有者から使用済自動車を引き取り、フロン類回収業者又は解体業者に引き渡す。
<リサイクルルートに乗せる入口の役割>

【[3]フロン類回収業者(都道府県知事等の登録制)】
フロン類を適正に回収し、自動車製造業者等に引き渡す(自動車製造業者等にフロン類の回収費用を請求できる)。

【[4]解体業者、破砕業者(都道府県知事等の許可制)】
使用済自動車のリサイクルを適正に行い、エアバッグ類、シュレッダーダストを自動車製造業者等に引き渡す。
(エアバッグ類について、自動車製造業者等に回収費用を請求できる)

【[5]自動車所有者】
使用済となった自動車を引取業者に引き渡す。
また、リサイクル料金を負担する。

リサイクルに必要な費用について

【[1]費用負担方法】
使用済自動車のリサイクル(フロン類の回収・破壊並びにエアバッグ類及びシュレッダーダストのリサイクル)に要する費用は、自動車の所有者に負担していただきます。
リサイクル料金の負担の時点は、次のとおりです。

制度施行後購入される自動車については、新車購入時

制度施行時の既販車については、最初の車検時まで

車検を受ける前に使用済みとなる自動車については、引取業者への引渡し時
リサイクル料金は予め各自動車製造業者等が定め、公表します。
これにより自動車製造業者間の競争が生じ、リサイクル容易な自動車の設計・製造や料金低減が図られると考えられます。


【[2]費用管理方法】
自動車製造業者等の倒産・解散による滅失等を防ぐため、リサイクル料金は資金管理法人((財)自動車リサイクル促進センターを指定)が管理します。自動車製造業者等はシュレッダーダスト等のリサイクルにあたり、料金の払渡しを請求します。
資金管理法人の裁量権は最小限に抑え、高い透明性・公開性を確保しています。

電子マニフェスト制度の導入

使用済自動車等は、電子マニフェストと呼ばれる電子システムによって、各工程の事業者間での引取り、引渡しをパソコンの画面上で報告するシステムとなっており、一台一台確実に管理されます。


リサイクル対象となる自動車は?

以下の車両を除く全ての自動車がリサイクル対象となります。

【対象外となる自動車】


被けん引車

二輪車(原動機付自動車、側車付のものを含む)

大型特殊自動車、小型特殊自動車

その他(スノーモービル等)

【自動車の所有者が行うことは?】

[1] リサイクル料金のお支払い

[2] 使用済自動車の引取業者への引渡し

[1]リサイクル料金のお支払い
   自動車の所有者の皆様には、リサイクル料金をお支払いいただきます。

【注意】負担する自動車の所有者は、自動車検査証記載の所有者と一致しない場合もあります。
ローン販売の時は自動車検査証記載の使用者がリサイクル料金の負担者となります。


[2]引取業者への引渡し
使用済となった自動車は都道府県知事又は保健所設置市の登録を受けた引取業者に引き渡すことが必要です。
その際、引取証明書が発行されますので、必ず受け取り中身を確認してください。

リサイクル料金の額はいくら?

自動車のメーカー、車種、エアバッグ等の装備によって、1台ごとに異なります。一般の車両ですと、7,000円~18,000円程度です。
自動車リサイクルシステムのHPで車台番号や登録番号を入力することによって料金を照会することができます。



自動車リサイクル法大臣認定

(1)特定再資源化物品の再資源化認定(法28条認定)について

自動車リサイクル法においては、自動車メーカー等は、エアバッグ類及びシュレッダーダスト(ASR)を再資源化する義務を負っており、その再資源化の体制について、環境省及び経済産業省の認定を受けなくてはなりません。

大臣認定を受けた自動車メーカー等又はその委託を受けて再資源化に必要な行為を実施する事業者は、廃棄物処理法の業の許可は不要となります。

ASRの再資源化について、自動車メーカー等は、ARTとTHチームの2つのチームを構成し、それぞれ、ASR再資源化施設(焼却、埋立を含む)の選定を行っています。
エアバッグ類の再資源化については、共同して有限責任中間法人自動車再資源化協力機構を設立し、当該法人に委託を行い、車上作動処理を行う業者並びに、引取り、積替保管、運搬及び再資源化処理を行う業者をそれぞれ選定しています。

(2)全部再資源化認定(法第31条認定)について

自動車メーカー等が解体業者やプレス・せん断処理事業者に委託してシュレッダーダストを生じさせない方法で解体自動車(廃車ガラ)を国内において再資源化処理する場合(全部再資源化)は、自動車メーカー等は、経済産業大臣・環境大臣の認定を受けることができ、これによりシュレッダーダスト分のリサイクル料金の払渡しを受けることができます。
具体的には、自動車メーカー等が解体業者やプレス・せん断処理業者に精緻な解体等の実施を委託し、国内の電炉・転炉などに解体自動車を鉄鋼の原料として投入することを想定しています。

pickup

新宿にある人気脱毛サロンのランキング

最終更新日:2017/9/15


リサイクル コンテンツ
Powerd by Google

WWW を検索
123recycle を検索
TOP
CopyRight(c) 1 2 3 Recycle All Right Reserved