大切な地球の為にリサイクルについてもっと知りましょう。

PCリサイクル

パソコンリサイクル法

2003年10月に施行された改正資源有効利用促進法のパソコン関連業界における通称です。

家庭向けに販売されたパソコンやディスプレイの回収とリサイクルをメーカーに義務付けています。

資源有効利用促進法は家電製品や自動車など指定された工業製品の回収やリサイクル等を生産者に義務付ける法律で、2001年4月に施行されました。

2003年10月に改正施行され、パソコンとディスプレイが追加指定されたことから、俗にこのように呼ばれるようになりました。

対象となるのはパソコン本体とディスプレイ、ノートパソコン、ディスプレイ一体型パソコンなどで、ワープロ専用機やプリンタ・スキャナなどの周辺機器は対象外です。

新規に販売される機器には回収費用があらかじめ上乗せされ、業界全体で料金体系が統一されています。
料金は、机上型パソコン本体・ノートパソコンと液晶ディスプレイ・液晶ディスプレイ一体型パソコンは3000円、CRTディスプレイ・CRTディスプレイ一体型パソコンは4000円です。

施行前に販売された機種には料金が上乗せされていないため、廃棄時のこの料金を支払わなければなりません。

料金が上乗せされて販売される機種には、筐体に「PCリサイクルマーク」のシールが貼ってあります。
東京都では同法の施行に伴いパソコンをごみとして回収しなくなったため、自作パソコン・日本から撤退したメーカーのパソコンが廃棄できなくなるという事態が生じました。
このため、東京都ではこうしたパソコンの回収はJEITA(電子情報技術産業協会)が割増料金(プラス1000円程度)で受け付けています。


PCリサイクル概要

PCリサイクルとは?

私たちが家庭で使っているパソコンも、きちんとしたリサイクルが必要となってきています。
これからの環境社会のために、メーカーとパソコンユーザーの皆様が協力しあって、使わなくなったパソコンは捨てるのではなく、新しい形で、資源としてふたたび活用する。
それが、“PCリサイクル”なのです。

PCリサイクルは、どうして必要なの?

これからの循環型社会のために、最近ますます家庭で利用する人が増えてきているパソコンも、資源のとぼしいわが国にとって、きちんとしたリサイクル・再資源化をして、地球の資源および地球の環境を守っていかなければなりません。

そこで、平成15年(2003年)10月1日より「資源有効利用促進法」に基づいて、メーカーとお客様が協力しあって、家庭のパソコンを再資源化するPCリサイクルが始まりました。

使用済パソコンはこれまで、自治体が回収・処理していましたが、廃棄されるパソコンのメーカーが回収し、部品や材料をより有効に再資源化していきます。

なお、 PCリサイクル開始以前に購入されたパソコンは、「回収再資源化料金」のご負担が必要となります。

回収するメーカーがないパソコン(自作のパソコン、倒産したメーカー・事業撤退したメーカーのバソコンなど)は、有限責任中間法人 パソコン3R推進センターが有償で回収・再資源化します。

明日の地球環境保全のために、ご協力よろしくお願いします。


家庭系PCリサイクル回収について

回収リサイクルの仕組

使用済パソコンの回収は、社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)が日本郵政公社と提携し構築したシステムを利用し、「エコゆうパック」を使用した戸口回収を行います。
郵便局への持込も可能です。

(一例)
製品カテゴリ 料金 製品カテゴリ 料金
デスクトップ本体PC \3.150 CRTディスプレイ \4.200
ノートPC \3.150 液晶ディスプレイ
一体型PC
\3.150
液晶ディスプレイ \3.150 CRTディスプレイ
一体型PC
\4.200

料金には5%の消費税を含みます。
料金の対象は「ゆうパック」が規定する重さ、大きさ以内のものです。

PCリサイクルマーク

2003年10月1日以降、当社が個人のお客様に販売するHP製品には、PCリサイクルマークが表示されております。
PCリサイクルマークが表示された HP製パソコンは、当社「家庭系PCリサイクル窓口」で新たな料金負担なしで回収・再資源化いたします。

PCリサイクルシール


リサイクル コンテンツ
Powerd by Google

WWW を検索
123recycle を検索
TOP
CopyRight(c) 1 2 3 Recycle All Right Reserved